ニンテンドーDSゲームソフト >スポンサー広告 >スターウォーズ バトルフロントを攻略プレイするニンテンドーDSゲームソフト >管理人の攻略日記 >スターウォーズ バトルフロントを攻略プレイする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
年末は映画館でスターウォーズのエピソード7が全世界で公開されるだけあって実に楽しみです。スターウォーズファンの身からすると、まったく新しくされたストーリーが気になるし、新キャラのカイロ・レンやフィン、そしてレイなどのキャラがどんな設定なのか興味津々である。
来月はいよいよEA・ダイス開発である、PS4でスターウォーズ バトルフロント3をプレイしようかと検討する。

開発のDICE(ダイス)といえばEAのBFシリーズを制作してきたメーカーです。なのでマルチプレイのシューティングものにはある程度定評があります。そこにLucasfilmの協力もあるので実に見事なソフトになったもんだ。
スターウォーズバトルフロントは一般的にはFPSでシューティングものという認識があるかもしれないが、TPS視点にも切り替え自由にできるため、普通のアクションゲームのように遊べてしまうのが特徴ですね。

オフゲーとマルチプレイがうまく融合しているので、長いことがプレイしていられそうなボリュームです。ゲームモードは13種類ぐらい発表されているのかな。他にもあるかと思うが基本的にDLCも発表していたので、惑星のマップはもっと増えるかと思っている。Battle of Jakku(ジャクーの戦い)なども早期プレイが可能なDLCも特典に付けており、そのほかにもシーズンパスがあるそうだから、どんだけDLコンテンツがあるんだか。

ざっとオフゲーだけでトレーニング、ヒーローバトル、バトル、サバイバル
マルチプレイヤーモードはドロップ・ゾーン、ウォーカー・アサルト、スプレマシー、ファイター・スコードロン、ブラスト、カーゴ、ドロイド・ラン、ヒーロー・ハント、ヒーローVS.ヴィランと豊富にある。
まあこれだけあるので、映画のスターウォーズの世界観を堪能できる要素がそれだけあるので楽しみでもありますね。





少し前には体験版ではなくて、オープンベータが行われたので、参加した方は結構おらっしゃるのではないでしょうか。述べ900万人ものプレイヤーが遊ばれたそうなのでβなのにすごい規模で遊ばれたゲームなのですね。さすがスターウォーズだなと思いました。
βではオフゲーのサバイバル、マルチはAT-ATが登場するウォーカー・アサルトやドロップ・ゾーンなど多人数で遊べるゲームモードとして用意されていたので、β期間は限られていましたがずっとのめり込みながら遊べたかと思います。

バトルフロントだけでなく、ベースコマンドというスターカードを使った戦略的に遊べるカードゲームも用意されていたので、こちらも長いこと遊んでみました。初めは英語表示なので日本語表示にできないものかと奮闘しましたが、まあ面倒だったので英語バージョンのままベースコマンドをプレイする。

スターカードとユニットカードを交互に使いながら帝国軍を倒す内容のでゲームで、こちらは手軽に遊べるのが気ままに遊べる感じがいいですね。PCだけじゃなくてスマートフォンからでもアクセスできる遊べるので今風な仕様といったところか。Star Wars バトルフロント コンパニオンと長いタイトルではあるが、一応戦略的な頭脳戦になっているので無料のミニゲームとしてはまあまあの出来かな。


ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。