上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近は年末を迎える時期になり、手足が冷たく感じるようになってきましたが
スクエニ系のFF13シリーズのライトニングリターンズが発売されて
そろそろ一ヶ月が経過しそうな頃である。
しばらくはPS3を起動してお世話になることが多いが、
来年はPS4が日本でも発売されるので楽しみですね。

今年の締めはライトニングリターンズになるが、この調子でFFシリーズは
どんどん続けていってほしいところです。

ゲームのほうでは周回プレイなども終えて、だいぶ進んだ感じなのですが
終極の冥宮のダンジョンも攻略したので、なにかと目標らしきものが見えてこない。
ま、十分にライトニングを堪能したというべきなのかもしれませんが、
1周目プレイでずいぶん苦労しただけあって、クリア後の引き継ぎでプレイすると
あっという間に終えてしまったというのが感想かな。


FF13といえばロングイ系のような巨大な亀さんが登場するのだが
ライトニングリターンズではまったく登場しなかったのが残念…。
せめてアダマンタイマイくらい出してもよろしかったと思ったのですが
巨大な雑魚敵とは言い難いモンスターをザクっと倒す感覚は1つ用意して欲しかった。

特典のほうも絡めて、ウェアはかなりの数になっていた。
全部購入された方は実際いるのか不明だが、結局は使うウェアは限られてきそうでした。
今作では強化系や回復アビリティが使用できず、アイテムやGPアビリティに
すり替わったため、そこら辺りがプレイしづらくなりましたが
基本的にアタッカー、ブラスターの関係はそうそう崩れてはいない。

ブレイクがノックアウトにすり替わっただけだし、
基本的なことは一緒なので、とっつきやすいゲームではあったが
ジャストガード機能があるので、タイミングを合わせれるようになるまで
慣れないと時間がかかるかもしれません。


一人でずっと戦うライトニングであったが、デッド・デューンではファングと友に
闘うことができるので、やっぱりああいった機能はもう少し増やして欲しかった。
ウィルダネスくらいならもう白チョコボも戦ってくれますが、
オーディンの姿にはならなかったので、召喚獣がいないと少し寂しいものだ。
でもエンディングのムービーにならちょっとだけ表示されてました。

ストーリーは結局は新しい世界とやらに身を置くことになったようだが、
根本的に魂というのは救われたのだろうか?
神のいないに世界になったのだと思うが、すると誰が世の中を動かしているのか
説明があいまいだと思うし、よく分からない舞台になった感じもあるかな。
ライトニングリターンズ 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。