ニンテンドーDSゲームソフト >ゲームジャンル>管理人の攻略日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
GTAシリーズで人気高いRockstar Gamesの大望の新作であるレッドデッドリデンプション2がようやく2018年10月26日に発売されます。二回ほど延期したので、だいぶ待たされた印象もあるんですが、オープンワールドゲームなので延期は当たり前になっているのが今の現状だろうか。

前作ではジョン・マーストンが無法者から正義のガンマンのようになり、最終的には家族の父親として生活して、最後には味方のような感じで連邦捜査官と接していたかと思ったが始末される結末で終わりを迎えた前作でしたが、何か無法者やらガンマンたちといのは、大体あんな感じでこの世を去ったのが一般的なんだろうか?と思えるほどよくできた物語だなと関心するところがございました。


今作はダッチが組織するダッチで、主人公のアーサーモーガンが、無法者として子供の頃からダッチに育てられていきてきたところがあるので、その中でレッドデッドリデンプション2の世界観が出来ています。ジョン・マーストンも同じような境遇でダッチに育てられてきたので、前作では命を落としましたが、今作でもダッチギャングの組織にいるため普通に登場致します。

そうなると前作では全く登場しなかったアーサーモーガンは一体何をやっていたのだろう?と不思議に思ってしまう部分がありますね。ダッチのメンバーにいた節もないので、彼は亡くなってしまっていたのだろうか?いろいろと謎を呼ぶ感じでありますが、今作の舞台設定は、たかだか10年間そこらなので、そこまで時間差が無いのです。



スポンサーサイト


ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
北斗が如くとは、龍が如くと北斗の拳を混ぜ合わせたコラボタイトルになってます。龍が如くの開発スタッフが作る北斗の拳といった感じのゲームで、一応はケンシロウが主人公で、他はオリジナルストーリーで展開していく流れとして作られている。コンセプトはこんなケンシロウ見たこともないという部分らしい。まぁケンシロウがバーテンダーをしたり、路上で商売人を始めてみたりと、確かにこんなケンシロウは観たことがない訳だが、セガが作った北斗の拳といった感じの内容かな。

北斗の拳に登場するキャラクターは全員とはいかずに、それなりに人気のあったキャラクターが登場して、奇跡の街エデンという水や電気が豊富にある街へケンシロウが訪れ、エデンの謎を解き明かしつつ、目標であるユリアを探し求めてエデンを駆け巡る内容でした。北斗の拳ファンとしてみるとやや微妙なところがあり、龍が如くファンとしてみると、いつもと操作性の異なった遊びができるゲームという感じだろうか。ただドラゴンエンジンを使用して作っているわけでもないので、なにかと操作性だったり、カメラが不便だなという印象も感じるところがあります。
北斗が如く 攻略

ジャギなども登場したはいいものの、ジャギ当てクイズとかどうもジャギ愛がないような印象も感じるかな。サイドミッションなどは小さい物語を楽しむことはできるが、会話だけで終えてしまったりと、何か味気ないものがある。笑い系のサイドミッションが少なかったからなのか、何かオリジナル性に欠けるところすら感じるかもしれませんね。ラオウとかもやっぱ登場はするけど、ラスボスでもなかったので、オリジナルキャラクターが活躍する系統のストーリーです。





ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
2017年6月16日にはニンテンドースイッチゲームのARMS(アームズ)が発売される日だ。ARMSファイターは腕が伸びでパンチで敵と殴り合うといった格闘要素のあるゲームで、何かと読み合いの熱いゲームでした。少し前にはオンライン体験会が開始され、それは賑わったものです。パンチ、投げ、ガード、ダッシュ、ジャンプ、チャージ、ラッシュを使いながら、シンプルな駆け引きが任天堂らしいゲームだったかと評価している。

ARMS(アームズ)の攻略サイト
任天堂のニンテンドースイッチソフト、ARMS(アームズ)の攻略サイト。

イベントではARMSスゴウデトーナメントなどを開催していたり、ARMSオンライン公開スパーリングなどもこれから行うようで、時代はオンライン通信を活かした対戦がこれから発展してい行きそうな時代を感じる。もっともその方が効率が良いので、任天堂もその方向性でやって行くのだろうと思った次第である。

アームズの特徴はまずはARMSファイターたちを選ぶことになるが、ファイターはそれぞれ特殊能力のようなものを備えている。これらは独自にあるのでキャラクターの強弱は出てくるものの、それらを使いこなすことで何倍にも強くなりそうといった感じで、そこにアームを取り付けることで強さもまた変わってきそうなゲームシステムでした。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
近頃はニンテンドースイッチが発売される頃なので、本体の使用やらサードのソフトがどのくらい発売されるのか気になる日常ですね。しかしニンテンドースイッチの販売台数を押さえているためか、どこも売り切れなのが残念といったところです。WiiUの失敗は二度踏まぬ考えが任天堂にはあるのでしょう。

2017年3月2日といえば、ゲリラゲームズのホライゾンゼロドーンというメカのハントゲームが発売される日付だ。発売元はSIEであるけども、ローカライズを担当しているところなので開発はゲリラゲームズのほうです。リアルさながらの狩りゲーを望んでいた頃は日本では多いと思われるが、肝心のカプコンといえば3DSでモンハンを出している始末で、また新しい新規IPを出すこともなかった。

そんな感じなので、やっぱ新規IPのハントゲームというのは期待がモテそうな印象がありますね。本作のホライゾンゼロドーンはオープンワールドのアクションRPGです。フィールドでは罠をしかけたり、背後からこっそりと襲ってみたりとステルス的な要素も兼ね備えているのが面白うなゲームです。また獣の姿をした機械をハッキングするオーバーライドでは、敵を味方にしてみて戦わせたり、乗り物としての移動要素を兼ね備えているので、オーバーライドの扱い方によってはいろんな方向性へとバトルが進化しそうですね。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
順調にFF15が発売されてたとしたら、あと数日後に各ご家庭でプレイしていたことになるが、発売が延期されてしまったために二ヶ月待ちとは痛い時期である。それまでの時間稼ぎなのか、スマートフォン用のアプリではジャスモンが先駆けて配信されました。まあFF15の中でも遊ぶことができるピンボールゲームなので、わざわざスマホで遊ぶ必要もないのですが、先に触れるもんならフレておきたいといったところでしょうか。

歴代のファイナルファンタジーに登場してた、あらゆるモンスターがボールとなり、デザインはアメコミ風のデザインで生まれ変わったものをピンボール形式にしてしまったゲームで、実にシンプルな操作で遊べてしまう内容となっている。とはいえシンプルすぎるがゆえに何かアクセントがほしいところ。ここ数日間ジャスモンを触っては、「うーん」と考えこんでしまうが、SRモンスターのバハムートやイフリート、ラムウなど強いモンスターを率いていればそれまでのゲームな気がする。

ゲームのテクニック的な要素は何なんだろう?と考えてみたものの、とくに無いというか、どの角度でボールをタッチして軌跡を描けるかどうかといった具合でしょうか。あまり深く悩まずに、この角度なら行けそうじゃね?的な感覚でタッチしていくので、誰でも迷わずにプレイできることは喜ばしいが、逆に底の浅いゲームとなってしまっている点は非常に残念さを感じるばかりである。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
ファイナルファンタジーシリーズといえば、ファミコンの時代からあった古いブランドソフトにあたる人気ゲームソフトだが、今年の9月30日にはナンバリング最新作のff15がいよいよ発売されるので実に待ち遠しい!制作メーカーはスクエニで、ゲームハードはPS4やXbox Oneで発売されます。

それで新作のff15(ファイナルファンタジー15)は、オープンワールドベースにアクションゲームのようなシステムになっており、どこかしらGTAのような広大さを感じるゲームです。広いエリアはチョコボに乗って移動したり、レギスから受け継がれたレガリアで移動してみたりと自由度がハンパないほどの舞台が構築されている。ましてや、これまでの剣と魔法がおりなすファイナルファンタジーらしさは損なわずに、新たなff15を描き出しているため新鮮さが増しているのが特徴といえよう。

パーティーメンバーは主人公のノクティス、プロンプト、グラディオラス、イグニスの4人パーティー。楽曲はスタンド・バイ・ミーを使用しているので、映画にまんま影響されたところがあります。車を走らせガソリンが無くなれば給油する必要もあるし、カスタマイズすれば空を飛ぶこともできる。ショップではクエストを受けてモブハントの討伐依頼を受けてみたりと、RPGの要素を削ることなくff15を作っているので安心して冒険に浸れそうです。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
うーむ、今週はダクソ3で続いてエロバレーあたりが発売されるのかとゲーム発売予定日を観察していたが、来週には久々のスターオーシャン5が発売されるのでまったりとRPGを攻略するのもまた一興か。販売こそはスクエニであるけれども、作ってるのはトライエースなので今までのスターオーシャンシリーズとそう変わらない内容になっていそうだなう。

宇宙歴537年と言われてもあまりピンとこないけど、スターオーシャンブルースフィアとスターオーシャン3の中間ぐらいに位置する物語だから、まあまあ近代国家なのかな。でも未開惑星が今作の舞台だし、371年のノイマン博士がマナクリーナーを開発した環境だし、文明レベルは惑星によってバラバラなのかもしれない。

バトルのほうは3すくみの関係性で、基本はシームレスなので昔のシリーズよりは格段に遊びやすくなっていることでしょう。呪印術の詠唱時間が気になったが、恐らく熟練度を上げれば短くなるとは思うので、どのみちレベルアップさせてガシガシ今作も強化しまくることになりそうだな。ストーリー攻略後の引き継ぎ関連がどうなっているのかが少し気になるところだわ。クリア後の難易度変更はあるぽいので長いことやり込むことになるのかなと。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
とうとう2016年度に入り年が改まった気分であるが、なんつーか正月という雰囲気にもなれない冬の季節だろうか。
今年は雪が少な目で過ごしやすそうですね。

今月は何のゲームをプレイしてみようかと思った次第であるが、とりあえずは龍が如く 極でも遊んでみたい気分だわ。
慣れ親しんだ龍が如く0をベースに龍が如く1を再構築したようなシステムなので、なにかととっつきやすいものがあるというのは遊びやすいものだな。あえて新システムにするというより付け加えた感じであろうか。

基本は龍が如く1のストーリーなので、フルリメイクという言葉を使用しているが、実際の龍が如く極はまったく新しいソフトのように作り変えている気合の入れようなのだとか。リメイク作品なので安く作ってあるゲームという訳でもないそうなので、おそらくボリュームテンコ盛りといった感じなのでしょう。

第一章 親殺しの宿命における追加ストーリーを見ると、まあ半分くらいは新規ストーリーなのでしょうか?
もっともあのあとどのぐらいまで第一章のメインストーリーが続くのか謎であるが、澤村由美の指輪プレゼントにしても割とまとまった形で新規ストーリーが追加されているんだな。ワンカットだけ追加という感じじゃなくて安心したところもありますね。
おそらくあんな感じで、全編を通して新たな追加ストーリーが加えられているのでしょう。錦山彰の追加ストーリーは多めらしい。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
年末は映画館でスターウォーズのエピソード7が全世界で公開されるだけあって実に楽しみです。スターウォーズファンの身からすると、まったく新しくされたストーリーが気になるし、新キャラのカイロ・レンやフィン、そしてレイなどのキャラがどんな設定なのか興味津々である。
来月はいよいよEA・ダイス開発である、PS4でスターウォーズ バトルフロント3をプレイしようかと検討する。

開発のDICE(ダイス)といえばEAのBFシリーズを制作してきたメーカーです。なのでマルチプレイのシューティングものにはある程度定評があります。そこにLucasfilmの協力もあるので実に見事なソフトになったもんだ。
スターウォーズバトルフロントは一般的にはFPSでシューティングものという認識があるかもしれないが、TPS視点にも切り替え自由にできるため、普通のアクションゲームのように遊べてしまうのが特徴ですね。

オフゲーとマルチプレイがうまく融合しているので、長いことがプレイしていられそうなボリュームです。ゲームモードは13種類ぐらい発表されているのかな。他にもあるかと思うが基本的にDLCも発表していたので、惑星のマップはもっと増えるかと思っている。Battle of Jakku(ジャクーの戦い)なども早期プレイが可能なDLCも特典に付けており、そのほかにもシーズンパスがあるそうだから、どんだけDLコンテンツがあるんだか。

ざっとオフゲーだけでトレーニング、ヒーローバトル、バトル、サバイバル
マルチプレイヤーモードはドロップ・ゾーン、ウォーカー・アサルト、スプレマシー、ファイター・スコードロン、ブラスト、カーゴ、ドロイド・ラン、ヒーロー・ハント、ヒーローVS.ヴィランと豊富にある。
まあこれだけあるので、映画のスターウォーズの世界観を堪能できる要素がそれだけあるので楽しみでもありますね。





ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
今日は休みだったので長いこと実際の写真を眺めて家作りに励んでいたが、どことなくやることやったかなと満足した雰囲気を感じるものがある。ある程度プレイしてしまうとそこで満足するユーザーは半分ちかくいそうな気がするが、基本的には家やら施設を作ってはセーブ、そして同じく家やら施設作りといったスパンスを繰り返すために、早めに嫌になっちゃった~と辞めるユーザーもさぞかし多そうな話である。

それはそうとお店やゲームショップではアミーボカードを見かけることがないわけだが、いつ頃店頭に並ぶのでしょう・・・?ウチの地域に限って品揃えが悪いものかと思っていたけれども、他の地域に棲んでいる人々も何かと品薄な状況で困っている人はいるもんだな。なんにしてもあのカードが無ければ自由に動物を部屋に呼びこむなりして楽しむこともできないので、ある程度はアミーボカードというものを集めてみたいござる。

中にはSPカードという特殊なものもあるので、これをさらに集めるとなると財布の紐が硬くなってくるものでございますが、第2弾も用意されているので、ここは慎重に購入していったほうがいいか。とりあえずNFCリーダー/ライターを購入しているので、それに似合った遊びくらいはしたいもんだな。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
少し前に発表された、どうぶつの森シリーズの外伝というかスピンオフ作品である『どうぶつの森ハッピーホームデザイナー』のゲーム内容は、基本的に家や施設を作るのに特化した遊びなのだという。
最近では何かを作るゲームがやや流行りだしてきたかなと思うことがたまにあるが、なかなか未来に先立つクリエイターが日本にどのぐらいいるのかと考えると、不景気もあって減少気味であるのかもしれない。ただ、低予算で組めるスマホゲーに至っては好調なメーカーもあるので、インディーズはやはりスマホゲーに偏ってしまうのかもね。

ハッピーホームデザイナーはタイトルのように、自分の家を作るという訳でもなく、どうぶたちの家を作るに対象をしぼっている。
どうぶつの森シリーズといえば収集系や金溜めのスローライフ系のゲームであったが、こういった形で発売し、さらにはWiii Uとで連動させようと大掛かりな内容に取り組んでいるので、最終的には3DSよりWii Uへ橋渡しができるための工夫だろうか?
どうぶつの森ハッピーホームデザイナー 攻略

ハッピーホームデザイナーでは今作よりカード化したamiiboを読み込んで遊ぶという新しい試みも実施されるので、カードが流行っている世の中に通じるかどうかが気になるものがございますね。スマホゲーとかだとただただ課金するだけで現物が手元に残らないという残念さがあるが、こちらは物として残る分想い出なんかも残りそうな気がしますね。
実際はamiiboカードの受注状況はあまり芳しくないが、一般的に出回る時期がいつなのやら・・・

システム的なものといえば通信講座などもあるようだが、基本的には家を作って写真撮影をして楽しんだりするゲームですね。
そこから何か面白いものがあるのかどうか分かりませんが、どうぶつたちの様子を眺めて他に何ができるのかがこのゲームのポイントになってきそうかもね。それでも満足するユーザーは多いとは思うが、すれちがい通信やwi-fi通信で広がる遊びがあればいいかなと最近思う次第である。来週はたぬきハウジングに就職してそうな勢いだが、しずえは役場の方に居るらしいから、たぬきちやタクミ、ケントなどがいる会社とは違ったところにいるキャラなのかしら♪



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
ファイナルファンタジーのナンバリングは実に15タイトルにもなるが、
FF10や13シリーズなんかは連作となったのでもっと数が多いです。
最新作のFF15では昔はFFヴェルサス13という名前で発表されてましたが、
あとからFF15と改名したので、ヴェルサスと内容が混同している方も
少なからずいそうな気がします。

ノクティスという王家の息子が今回の主人公であるが、
敵国のニフルハイムにより軍を進行されてしまったため、
どちらかというと国を追われて滅ぼかけの国の王子と言ったほうが
近いのかもしれない?トレーラー動画を見てもそんな感じがしますね。

最新作では一応初のアクションゲームとして発売されるゲームですが、
それに加えてかなり広大なオープンワールドで展開しているので、
よりRPGらしくなったといえるゲームであろうか。
バトルでは仲間との連携などもあるのでチームワークを感じさせるものがある。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
テイルズ オブ ゼスティリアは久しぶりのマザーシップタイトルだな。
バンダイナムコゲームスの出すテイルズものはリメイク系が多すぎるので
何かと新しいやつがどれなのか忘れがちになりやすいですね。
どの作品にもテイルズオブと銘を打つのでさらに分かりづらくなるw
攻略本もどのくらいの数で出版されているのだろうか。

して、今作の最新作であるゼスティリアの舞台はグリンウッドで、
広大なファンタジーRPGといったところだろうか。
主人公スレイの住むイズチの杜は高所に作られた秘境ともいえそうな
崖みたいなところに集落がある感じだが、あんな変わった地形で
暮らしていけるものなのかが不思議でもある。
天族のミクリオと一緒に育ったらしいが、やっぱミクリオも初めの頃は
赤んぼうのような姿で、人間のように徐々に育つものなのかしら♪

戦闘はリアルマップバトル化にされたので、なんかスムーズにバトルへ
突入できるところがいいのう。アニメちっくに声優がべらべらチャットしながら
戦うので収録にはさぞかし大変だったと毎回思わせるものがある。
天族はエドナあたりが評判よさげか。

プロモーション動画はだいたいどれもまとまっていたが、
今作ではテレビアニメと絡まれているのが特徴だろうか。
画質がずいぶん向上したと思えるものがあって感激したものだが、
これも時代の進歩か。スレイとアリーシャがいる拝見シーンとかを見ても
光の入りかたとか手書きじゃないものを利用しているっす。

天遺見聞録を片手に導師スレイの冒険はどこまで続くのかと思ったけど、
最終的にゼスティリアはどこへ向かおうとしているんだろう・・・
ボリュームが多いらしいので攻略するのに手間取りそうな予感するが、
サブイベントとか意外と大変だったりするのがテイルズだろうか。

装備品に関してはいろいろとカスタマイズができるそうなので、
好きにスキルを入れ替えれたら良いかな。
ノルミンを使って武器堀をする必要が出てきそうななのが大変そうかな。
災厄の時代にドラゴンがいるのも不自然な話だが、ボスという位置づけでも
ないそうなのでストーリーにどう関わってくるか関心があります。
テイルズ オブ ゼスティリア 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近は恐怖を感じることもなく、ただなあなあで過ごすことが多くなったが
PS4の新作といえば来月に発売予定サイコブレイクあたりでも
プレイするかと予約してきた次第である。
PS4の時代はまだまだ青いが、縦マルチが主流になっているので
しばらくPS4専用ソフトが発売するはまだまだか。

バイオハザードは新作のナンバリングを発表することもなく、
過去作のHDとかやるようなので7を作る気はさらさらないのだろうな。
するとサバイバルホラーゲームは、近々ではサイコブレイク一択になりそう。
英語だとPSYCHO BREAKと書くが、海外タイトルではThe Evil Withinと
発表されているので分けて発表したのはどうなんだろう・・・
サイコブレイク 攻略

海外ユーザーはそれを理解しているどうか分からないが
知名度的にはThe Evil Withinなんだろうな。
今作では一般的なゾンビのホーンテッドと言えども、
そこそこ強く設定されているのでマッチが必須になりそうだ。
一度倒したクリーチャーであっても復活してしまう仕様が怖いかもね。

最終的にはそこまで強くしないと恐怖を感じ取れないゲームだと
思ったのだろう。銃の弾も少なく設定してあるので、
逃げることも許容範囲というわけか。
セバスチャンの他にも警察らが精神病院に駆けつけてきたが
ルヴィクに襲われまくって全滅してそうだし、無事に出られるのは
やっぱ主人公とヒロインあたりかもしれないか。

PS3版のほうが安化ではあるが、時代はPS4だな。
フレームレートがどうなっているのか気になるが、
とくにゲーム内容には変化がないそうなのでPS3と一緒な気がする。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
すべてがctOSというネットワークで管理されたシカゴが舞台のウォッチドッグス。
ユービーアイソフトが送る完全新作ソフトです。
Watch Dogsはオープンワールドで、マルチプレイにも対応しているのが特徴。
番犬という意味を持ち合わせているらしく、ハッキングをテーマにしたゲーム。

主人公は過失により家族の姪が殺され、その復讐にと立ち上がることになる。
名前はエイデン・ピアースという男で、帽子と自警団マスク、長いコートが似合う。
登場キャラクターなどは、クララ・リリー、Tボーン、ジョルディ・チン、
モーリス・ベガ、ダミアン、ラッキーなどが公開されてましたが、
詳しいことはよく分からないが、あれが主要キャラなのだろう。
ウォッチドッグス 攻略

情報化した都市なので、近未来というか現代的な印象ですね。
ネットワークを活かした内容なので、今風な印象をも受けるが、
監視カメラをハックして見下せたりできるのが斬新さを感じれる。
NPCには一人一人と個人情報が設定されているらしく、
何人ぐらいいるものなのかが気になる。というか、よく設定したもんだ。

ウォッチドッグスのマルチプレイはシームレスにプレイヤーが入ってこれるらしく
ネットワークへ接続してればいつの間にか他のプレイヤーが紛れ込む
こともあるようで、対戦したり協力プレイもできるそうです。
不審な動きを観察してプレイヤーを見つけたりと何かと慌てそうかも…

あとスマートフォンとタブレットとの連動もあるので
それがどの辺りまでプレイできるのか、連動して何ができるのか気になるわ。
レースで遊んだり、警察とエイデンに分かれるモードもあるようで多機能だな。
結局はオンラインでどう遊ぶかはウォッチドッグスのシステム次第かね。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
PS4でinfamousシリーズの最新作であるインファマスセカンドサンが、
来月に発売されるが、日本ではPS4本体の売上はどんなものだろ。
デルシン・ロウを主人公としたやんちゃなキャラが、
兄のレジー・ロウと共にD.U.P.と対立するストーリー。
海外のほうではインファマスセカンドサンが発売されたが、
日本では少しばかり遅れての発売となります。


能力は公開されている限りでは、スモークやネオンなどがあって
どれも個性的な能力ですね。3D空間を自由自在に動き回れる
楽しさを感じられるものがあるが、エフェクトの綺麗さをみると
PS4の本体性能がアップした様を感じ取れます。

物語のほうはブルック・オーグスティンを追うような感じで
戦っていたが、コンクリートの能力とは常時頑丈なのかしら。
レジーがミサイルをぶっぱなした際にもブルックが
死んだと思いきやそうでもないし、
瞬時に頑丈になれる秘訣でもあるのかな。

最後は毒をもって毒で制するような戦い方のデルシンだが、
エンディングくらいは3Dムービーで作って欲しかった。
スモークよりコンクリートの能力が優れておるのかな。


The Fanで登場するユージーンはどこかに設置されている
テレビモニターなどからデルシンを監視していたのだろう。
部屋に入るといろんなハイテク機材が置かれていたけど、
あれを地下までどうやって運んだのやらw

それを言ってしまえばフェッチも妙なところにマイハウスを
建造していたけど、すごく寒そうな所だな。
ネオンの能力は特別暖かかったりするのかなー



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
過去シリーズに登場したキャラクターが総出演するのではないか?
と思われるほど、やたらとあらわになった龍が如く維新。
激動の幕末を生きる熱い人間ドラマを描いた作品で、
坂本龍馬や沖田総司など主要キャストに加えて、
過去に登場した死んでしまったキャラも登場するので
まさにオールキャストといったところでしょうな。

ファンサービスなところも感じられる今作だが、
一応幕末を舞台にして、史実をベースしながらも独自の路線で
歴史を追ってます。
サブストーリーや隊士カードにも懐かしのキャラが出るようで
カード数は300枚とか400枚とかスタッフがいってたような。

scejaでは龍が如く維新の対応ハードと発売日を発表してたが、
ps3とps4の両ハードで発売とは少し意外でした。
もっともwiiuで発売する路線もあったかとは思いますが、
ソフトの売れ行きからしてプレステで売ることになったのでしょう。
xbox360のほうまでは対応してないので、海外向けでは
またyakuzaというタイトル名で売り出されるのだろうw
龍が如く 維新 攻略

scejaでは新選組の隊士の前に、ひとりの男が現れて
時代を動かすはずの男が、時代遅れの男に斬られて死ぬ…
と渡瀬が言っていたので、やはり序盤のストーリーで実在する
坂本龍馬は近江屋で斬られてしまったのであろう。
確か峯と冴島と真島らが踏み込んで1階で戦っているすきに
桐生一馬が龍馬を討ち取ったのだろう。

psvとの3マルチ展開とは初の試みなのでうまくいくか不安もあるが
今回も中身の濃い龍が如くになりそうですね。
というか、幕末すれすれな気もしますが徳川慶喜役の大吾は
どんな感じになるのか少し興味があるかな。




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近は年末を迎える時期になり、手足が冷たく感じるようになってきましたが
スクエニ系のFF13シリーズのライトニングリターンズが発売されて
そろそろ一ヶ月が経過しそうな頃である。
しばらくはPS3を起動してお世話になることが多いが、
来年はPS4が日本でも発売されるので楽しみですね。

今年の締めはライトニングリターンズになるが、この調子でFFシリーズは
どんどん続けていってほしいところです。

ゲームのほうでは周回プレイなども終えて、だいぶ進んだ感じなのですが
終極の冥宮のダンジョンも攻略したので、なにかと目標らしきものが見えてこない。
ま、十分にライトニングを堪能したというべきなのかもしれませんが、
1周目プレイでずいぶん苦労しただけあって、クリア後の引き継ぎでプレイすると
あっという間に終えてしまったというのが感想かな。


FF13といえばロングイ系のような巨大な亀さんが登場するのだが
ライトニングリターンズではまったく登場しなかったのが残念…。
せめてアダマンタイマイくらい出してもよろしかったと思ったのですが
巨大な雑魚敵とは言い難いモンスターをザクっと倒す感覚は1つ用意して欲しかった。

特典のほうも絡めて、ウェアはかなりの数になっていた。
全部購入された方は実際いるのか不明だが、結局は使うウェアは限られてきそうでした。
今作では強化系や回復アビリティが使用できず、アイテムやGPアビリティに
すり替わったため、そこら辺りがプレイしづらくなりましたが
基本的にアタッカー、ブラスターの関係はそうそう崩れてはいない。

ブレイクがノックアウトにすり替わっただけだし、
基本的なことは一緒なので、とっつきやすいゲームではあったが
ジャストガード機能があるので、タイミングを合わせれるようになるまで
慣れないと時間がかかるかもしれません。


一人でずっと戦うライトニングであったが、デッド・デューンではファングと友に
闘うことができるので、やっぱりああいった機能はもう少し増やして欲しかった。
ウィルダネスくらいならもう白チョコボも戦ってくれますが、
オーディンの姿にはならなかったので、召喚獣がいないと少し寂しいものだ。
でもエンディングのムービーにならちょっとだけ表示されてました。

ストーリーは結局は新しい世界とやらに身を置くことになったようだが、
根本的に魂というのは救われたのだろうか?
神のいないに世界になったのだと思うが、すると誰が世の中を動かしているのか
説明があいまいだと思うし、よく分からない舞台になった感じもあるかな。
ライトニングリターンズ 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近はゲリラ豪雨や台風の影響もあり、日本が水浸しになる被害が多いが
いよいよ10月にはロックスター作品のGTA5が発売される季節だ。
久々のGTAシリーズなので胸躍るものがありますね!

公開されているマップなんかを見てみると、過去シリーズと比較しても
シャレにならないくらい広大で、リアルな世界観が実現している。
もともとリアルさは持ち合わせていたが、自然表現なども豊かになり
実写さながらの映像になったのでPS3が持つ可能性は大きいようだ。

今回のGTA5のストーリーは一言でいうと金泥棒です。
3人の主人公であるマイケル、トレバー、フランクリンたちが
私生活においてお金が必要らしく共同してお金を調達してしまおうという
流れでストーリーが展開していくようです。

治安がいいところもあれば、悪いところもあるようで
街ではギャングがはびこるようなエリアもある。
南側のロスサントスなんかは住みやすそうな土地柄で賑わいを感じれる。

一方、北側では自然などが多く見られるようで少し大きめの海というか
湖のようなものが点在し、中へ入ることもできるようそうで
マップに関しては相当広めにできておるようです。
動物を標的に狩人をやったりできるようで、ミニゲーム的なスポーツゲームも
いくつか用意されている。テニスやゴルフなどは本格的にプレイ可能。

もちろん今作もオンラインプレイはあるので、ボリュームに関しては
一体どのくらいあるのだろう…と思えるほどの量になりそうだ。
ミッションだけでも500以上あるそうだから長いこと攻略してそうだ。
GTA5 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近はPS3のジョジョの奇妙な冒険が気になるところですが、
来週の今頃はガンホーのPSVソフトのラグナロクオデッセイ エースを攻略している頃だろうか。
続編ものとして発売されるラグオデのバージョンアップ的なこのゲームは、
あのパズル&ドラゴンなどを手掛けているガンホーによるメーカーです。
ま、開発は少し違うとは思うが社長の森下氏の手は加わっている。

前作との違い点を述べれば、傭兵をしたがえてプレイできる傭兵ヘルパーの存在と
各職業の必殺技的なエーススキルが合わさったので、
初心者からしてみると非常に遊びやすい作りになっている。
実際体験版を配信されているので遊んでみるとその違いは分かると思う。

基本的には巨人戦は空中戦になることが多いので、軽快なステップで敵の頭上に駆け上り、
そこからコンボを叩き込むような流れになるが、一連の流れを含めるとすごくスムーズで
戦っている感じがするのが面白いですね。
なかなかこういったアクションゲームはないので、3Dゲームらしさを感じるという意味においては
すごく新しいというかセンスの良さを感じるところがあります。

PSVに限らずPS3版のラグオデも用意しているそうなので、いつ頃発売するのかは不明ですが
そちらも楽しみではある。やっぱりオンラインでみんなと一緒にワイワイ巨人狩りが
できるものとおもえば長くプレイできそうですね!
そこまで回線状況はいいとは言いにくいが、PSVでそれを実現できているところは流石です。

もっともこういったゲームは増えてほしいところだが、
なかなかマルチプレイ対応となるとゲームメーカーも難しいところはあるのかな。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
発売:8月1日、ハード:3DS、ジャンル:ファンタジー、人数:1~2人

バンダイナムコゲームスから発売のディズニーマジックキャッスル マイハッピーライフについて。夢と魔法の世界でプレイヤーが暮らすことになるのは、マジックキャッスルがシンボルのキャッスルタウンというところ。ここではカフェのオーナーになりつつ、街を散策したり、ディズニーキャラクターたちと仲良くなったりして、夢のディズニーライフを送れるゲーム。

ミッキーマウスやミニーマウスたち、ディズニーの人気キャラと一緒に、夢と魔法の世界で暮らせるゲームです。いろんな衣装を作ってオシャレをしたり、自分だけのカフェを開いてディズニーライフを満喫できるのが特徴です。この世界ではキャッスルタウンと複数のワールドが存在している。ワールドにはディズニーキャラクターが住む街と暮らしに必要な材料を採りに行く冒険フィールドがあり、プレイヤーはそれぞれの世界を行き来して冒険を楽しむことができる。

様々あるワールドの一つ、シンデレラ・ワールドでは、シンデレラやプリンス・チャーミングが暮らす世界などもあり、シンデレラの作品が描かれている。カボチャの馬車やドレスアップ、はなやかな舞踏会でのダンスなど、憧れのシーンを体験できるようになっている。夏休みは夢と魔法の世界へ旅立つプレイヤーがどれだけいるのかな。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
いやー、最近はさっぱりゲームが発売されないので
ファミ通クロスレビューを観察すると、レビュー記事数が少なすぎる・・・
それよりfc2ブログではしばらく更新しないとフッターに黒帯が表示される
ようになったんだな。まあ無料ブログなので文句の一つも言えないか。

5月になりましたが、ニンテンドー3dsでは女神転生4に期待有りか。
今回のストーリーは主人公らがサムライになって、ヨーロピアンな東のミカド国と
現代に近い東京を舞台にした構成になっている。
女神転生3から約10年ぶりというから古参ユーザーからすればやっと発売に
乗り切ったかといった感じであろうか。

女神転生4では据え置き機ではなかったが、携帯機にしたのはもともと携帯で展開すると
予定しており、携帯の方が今日はどこまでゲームを攻略するかなど
自分のなかの目標を設定して遊べるので携帯向けなのだとか。
ま、ps3かpsvあたりで発売して欲しかった気もするが、売り上げ的な部分をも含めると
やっぱ3dsになったんだろうなという気もしますがね。

もっとも女神転生4はどのくらい売れるのかという部分にも関心はありますが、
新規向けのゲームであるかどうかというのが少し気がかりで、
新しい層が購入するかどうかでしょうね。
ペルソナなんかは着実に増えつつあるのかなとは思っていたけど、
やっぱり横ばい状態なので古参が占める割合の方が多そうな気がするわ。

女神転生4の基本的なバトルとか操作はペルソナと女神転生シリーズを足したような
システムだったが、まあ良いとこ取りしたような感じではある。
それにしても購入特典がずいぶん多いこと。どこで予約するか迷いが出そうだな。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近遊びたいゲームがなかなかない時期だが、
4月18日は3DSでトモダチコレクション 新生活が発売日だ。

ニンテンドーダイレクトでもトモダチコレクション新生活の特集を
放送したばかりで、イベント系がやや増えたような印象を感じるか。
見た感じでは攻略するのは割と楽そうというか、
まあ子供でもすんなり遊べそうなゲーム画面だな。

結婚して子供が生まれて来る新しい要素が出てきましたが、
すれちがい通信で旅人に出すか、マンションで生活するかを選べるので
マンション生活を選ぶとひたすら子が育って、
また結婚する流れが出来上がるのかもしれない。


そうなると結構長いことループしそうな印象もあるし、
結婚するとMiiたちが一軒家に引っ越すことになる分けだが
土地とか場所的に数が限られているのかもしれないか。
新生活というのはそこらあたりからきたタイトルなのかもしれない。

遊園地やゲーセンなどの風景があったが、あれってどこまで遊べるのかが
少し気になるところだが、同じ任天堂ソフトの動物の森シリーズとは違うので
自由に遊べるタイプのゲームではないと予想されるが、
トモダチコレクションらしいというか、同じイベントばかり繰り返さない
システムだったらいいかなとは思うぐらいかな。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
PS3のPSストアーで配信されていたメタルギアライジングを何度かクリアした。
所詮は体験版かと思いながら長らくプレイしてみると、
アクションゲームとしては面白いが、見えないカメラワーク外からの
攻撃が対応できないのが残念なところかな。

例えば斬撃モードで攻撃後に、手榴弾などを重ねられたりすると
斬撃モードが終わったあたりからダメージを受けてしまうことがある。
爆破そのものをシノギでガードできるのかどうか不明だが、
製品版なんかはどうなっていることやら。

体験版のはじめの3体の兵士が登場するところでも、どうがんばっても
Sランクを獲得できないと思ったけど他に良い方法でもあるのかな?
ノーダメージの他に斬奪を3回決めても上限キャップまで到達して
Aランク止まりのような気がするがどうすんだろ…

メタルギアライジングでは雷電が主人公だが、映画版はソリッド・スネークか。
雷電もついでに登場するのかはまだ分からないけど、
映画がヒットしたら十分雷電編も可能性としてはありえるだろうな。
DLCなどが最近公開されたが、長期的なものとして配信されるような気もするし
なんだかライジングをやり込みながら攻略する仕様だったりするのかな。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
今回もPS3のプレイ感想かな。
セガの龍が如くスタジオの最新作である龍が如く5のお話。
この前、PSストアーで体験版が配信されてた。重かったけどダウンロードして
体験版をプレイしてみたら、物語はすごく短かったけど
クラブセガでミニゲームをしてしばらく遊んでいたよ。

龍が如く4から続くシリーズものとだけあって、やはりナンバリングされた
シリーズのゲームというものは、ヤル気がでるものだ。
秋山駿の華麗なキックとか4で使ってて面白かったが冴島の怪力もまた見物。

龍が如くはチンピラもののゲームだが、感動するストーリーや
魅せるストーリーが充実しているところがファンを飽きさせないのかもね。
今までだとミニゲームや神室町など、毎度同じく使いまわしされたマップを
行き来するだけでだったが、龍が如く5では全国5大都市になったので
新たな楽しみというか、新たなユーザーもまた付いてきそうだ。

まあ今の時代ではずいぶんゲームは売れなくなってしまったが、
あまり大人なゲームというのもなかなかないので大人ゲーかね。
マリオは子供向けがまだあるだろうし、モンハン層もどちらかといえば
そちらの部類に入るゲームかな。どちらにしても大手の一部のゲームだけが
売れる世の中なので、ゲーム業界もずいぶん冷え込んでしまったのだな。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
前作のテイルズオブエクシリアでは、リーゼ・マクシアとエレンピオスを舞台にした
ジンという言わば機械のような装置の破壊を争ったストーリーだったが
テイルズオブエクシリア2では両国が手を結び、和平条約を結ぶという展開に
なったストーリーだった。

ラスボスだったミュゼやガイアスが仲間に加わり、主人公はルドガーになった。
骸殻に変身して戦えるので、バトルのほうはこちら側がより有利になったといえる。
やり込みプレイのほうも結構で、全部攻略するにはかなりの時間がかかりそうだ。
舞台や音楽などはエクシリア1の使いまわしが多いが、
エクシリア2が発売するのが早かったのでそうしたのだろう。

メインストーリーのボリューム的には50時間もあれば攻略できる内容だったが、
プレイを終えた辺りからでも、隠しダンジョンややり込み仕様になっているので
普通に100時間はこえる。エンディングもマルチエンディング仕様になているので
全部見るにはそこそこの時間が必要になる。

なんにしても続編というゲームにしては楽しめるソフトだったが、
前作を未プレイの場合は、知らないキャラと広い大陸、バトルの操作方法で
手間取りそうなので1をプレイすることをオススメするかな。
2のシステム面はよくなった所もあれば、悪くなったところもある。
テイルズオブエクシリア2 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
ドラクエ10が発売されて3週間が経過しようとしている。
おおまかに遊んだ内容としては、オンラインゲームだが一人で
プレイできるのがドラクエ10の特徴だろうか。
オフラインのほうはストーリーがほとんど短いのですぐ攻略できます。
なのでオンラインがこのゲームのメインとなる。

序盤の金策の難しさがあったが、ある程度生産で稼げるようになれば楽だが、
サポート仲間を利用するまでが少し長かったような・・・
バトルではスキル振り直しができない現状なので、
はやく改善して欲しい感がある。

発売して間もないが、すでにレベルは50に到達してラスボスを攻略した
プレイヤーもいるようで、廃プレイをすれば2~3週間もしないで
クリアできるものなんだと実感したよ。
夏休み効果やお盆もあってか、レベル上げが早い方はめちゃ早かったわ。

ゲームの流れというか、やることといえば、金策、クエスト、レベル上げ
ストーリー攻略ぐらいかな。
他にやる要素がないのが残念だが、いずれカジノが導入されるようで
少しは遊びの要素が増えるだろうか。それよりサーバーは夜からは重いな・・・
ドラクエ10 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近はスクエニから発売されたニンテンドー3DSソフトの
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3Dをプレイ気味だが、
システム的な部分はジョーカー2シリーズと一緒だ。
バトルなんかはまんまな部分が多々ありますね。

ストーリー展開のほうはシンプルだが、意外とハマるから不思議なものだ。
旅人の扉の最上階鳴り響く歴代のドラクエシリーズの曲が流れるのがイイ!
懐かしくもあり、オーケストラな音楽がやっぱドラクエだよね。


拠点はタイジュの国という巨大な木で、
バトルエリアのフィールドといよりは、各エリア毎に別れてます。
モンスターはスカウトするか配合で作る。
wi-fiなどで配信されるモンスターもいるので100%コンプリートは無理ぽい…
また配合で作れないモンスターがいるのもあれだわ。

あんましDQMJ2プロフェッショナルとは変わりはないが、
やっぱこのシステムは単純だけどハマるんだよな。
携帯ゲーム機としては神ゲーがかってるし、丁度良いやり込み仕様か。
でも、レアモンスターの出現率はもう少し上げて欲しかった気はするかな。
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3d 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
今週はセガの龍が如くスタジオから発売されたPSPゲームの
クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編をプレイ!
クロヒョウシリーズでは第2弾作の続編もののストーリーです。
主人公は今作も右京龍也で、神室町と蒼天掘を舞台に
ドラゴンヒートを守るべくして闘う流れでございます。
クロヒョウ2 攻略

クロヒョウ1から、さらにミニゲームやプレイスポットが増えて
なかなかクロヒョウシリーズも様になってきましたが、
クロヒョウ3が出るのだとしたらPSVに移行しそうな気もしますね。

それでクロヒョウ2のゲームを遊んだ感想としては、
やることがたくさんあるゲームで、ストーリー以外の分野にも手を出しながら
プレイしていかれますと長い時間遊べるボリューム量です。
全部を深くやり込みながらラストまで攻略していくと100時間は超えると思う。
まあそれだけやることが多いです。

さらに通信プレイでも遊べるので、100時間内では足りないぐらい
満足というより、もう十分と思えるほどのボリューム量に値するものがある。
なので、クロヒョウ1や龍が如くシリーズがそれほどキライでもなく、
シリーズを通して楽しめたプレイヤーなら買いかもしれん。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
ラグナロクオデッセイが発売されて数日経過したか。
公式サイトではオンラインマルチプレイはまだ対応中らしいが、
一体いつになったら開発から製品に変わることやら。

アクションゲームの狩りゲームだが、巨人と戦うのがメインです。
モンハンとは違うコンボや空中戦でのやり取りが
このゲームの面白さであるが、いかんせん最初はとっつきにくいと
感じるかもしれない。
とはいっても、ソードウォーリアなんかは使いやすいです。

そこそこ中盤まで攻略してみたが、6つ用意されている職業は
チャプター毎に使い分ける感じでプレイすると遊びやすいかな。
一つの職業だけでこだわったりするとたぶん倒せなくなると思うっす。
ま、そこはある程度妥協しないと攻略できんだろうなw

カード集めも大変だが、これはやり込み要素のうちの一つだろう。
武器強化や衣服強化などはあるが、

こちらは素材で強化するものなので、やり込みと言えば素材アイテムを
集めるまでがやり込み要素なので、両方含めてプレイするうえだと
何百時間と普通にかかるゲームだな・・・
それよりラグナロクオデッセイのラスボスまで遠そうか。
ラグナロクオデッセイ 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
少し前から期待されていたff13-2だが、初週で約52万本と落ち込んでいる模様。
ffブランドはミリオンは毎度確実に近いゲームとして知られてきたが
52万本程度だとミリオンは難しいところでしょうか…
次週で50万本もいくか怪しいですしね。

それで今作のff13-2は、ff13の続編にあたるシリーズものです。
同ハードで発売されたゲームで、前作は一本道ゲームと叩かれてたゲームでも
ありますが、ff13-2ではそういった部分が大幅に改称され
エリア毎に枝別れしているルートを攻略していく流れで、
どれから攻略しもOKな仕様へと変貌しました。

前作の主人公であったライトニングが突然どこかへ消えて
謎の男・ノエルが現れ、セラと共にライトニング姉さんを探そうじゃないか
というのが今作の大筋なストーリーである。

前作をプレイしてから今作をプレイする方もいるだろうと思えるが、
初心者の館で、大筋的な内容は記載されてました。
ま、プレイするならff13を経験済みなら、より物語を楽しめる話でした。
バトルに至っては前作と同じロール形式で戦うので無理なくプレイできるでしょう。
ff13-2 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
PS3で発売された二ノ国 白き聖灰の女王の感想。

二ノ国 白き聖灰の女王はニンテンドーDSで発売されたソフトを
リメイクした内容のゲームでした。
画質や音楽が向上し、よりジブリ作品にちかくなった作品か。
DS版では45万本以上出荷したと思ったが、
PS3版では2周目で約8万本くらいだっけ?
とあまり出荷本数が伸びない作品のようで値段の高さがネックか。

バトルではアクションゲームのような要素が加わり、
数百種類いるイマージェンを仲間にして操作できます。
ポケモンに似たようなもので、レベルを上げて進化させたりできる。

戦闘はボス戦以外はそう難しくはなく、
トロフィーコンプも100時間ぐらいで入手できるであろう。
特別難しいクエストはあまりなかったが、
イマージェン集めと、一部だけマゾい素材を入手するのだけが大変だった。

最近は値段も下がって来て購入しやすい値段になってきたので
まあ買いなゲームかもよ。
親切設計で、すんなり進めれるゲームなので
どちらかといえばライトユーザー向けかも。
二ノ国 白き聖灰の女王 攻略サイト



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
最近はめっぽうPSPを起動させることなく、誇りを被ったままだが
10/27にはFF零式が発売されるので、久々にフル稼働しそうだ。
といっても、一度体験版をプレイしたので久しいが
PS3の方を起動ばかりしているので、PSPの本体の薄さというのは
手に馴染みづらいものがある。

それでFF零式の体験版をプレイしてみたが、
これまでのファイナルファンタジーシリーズとは少し違いアクションです。
RPGだったら最高だったのだが、ここは450万本出荷できた
モンハンを意識してアクションゲームにしているのだろうか。

魔法・技・召喚獣の名前や登場サブキャラクターなどはFFだが、
他は普通のアクションゲームだった。
攻略するのにもそれほど時間はかからず、まあまあスムーズでした。
FF零式 攻略

ファントマと堕ちているアイテムをゲットするのが大変面倒で、
カメラワークも微妙な部分があり、製品版では少し改善されたようなことが
公式ブログで記載されていました。
キャラクターは豊富にいるので、長い時間遊べそうだが育てるのが大変そう。

特別面白かったという部分はなかったが、夏服もすべて入手したので
もう体験版はやらないだろうが、10月はやるゲームが少ないのぅ。
12月にはFF13-2が発売するし、FFラッシュですなー
まあ攻略する側も大変な話しだな。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
やっとテイルズ オブ エクシリアが発売されましたが、
結構好評なのか初回で50万本出荷したとかどうとか記事をみました。
私もプレイしてみましたが、アニメちっくなところとゲームのポリゴンが
丁度良く混ざり合ったようなゲーム画面が良いですね。

アタッチメントで好きに変更できる機能もまあまあ良い。
主人公はジュードとミラのどちらかを選ぶことになりますが、
バトルプレイ自体はメニューから操作順を変更すれば、
別に他のキャラでも操作可能なので、そこまでは気にならない。

それで違いはストーリー攻略が若干異なる程度で済みます。
サブイベントも少し受けれるやつとそうでないやつが出てきますが、
基本は好きなキャラの方を選んでもらって結構だ。

キャラも個性が際立っており、イベントの数が豊富にあるので
どちらかと言えば操作より見ている部分が多いかもね。
FF13ぽい流れだなーという印象も感じたが、
適度に寄り道できる箇所は用意されている。

とりあえず中盤あたりまで攻略してみたが、
なかなか飽きさせずに熱中度が高いゲームですね。
ただ短い時間で進みすぎるのも少し勿体なく感じるかな~
テイルズ オブ エクシリア 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
アトラスから発売されたデビルサバイバー2の話し。
今作では1のパワーアップしたシステム内容で、縁(えにし)システムと呼ばれる
仲間との友情により悪魔開放やスキルクラックの共有などができるようになった。
こちらは大変把握しづらいので難しいものがあるが、
便利になるので積極的に行いたいものだ。

ストーリーに至っては、ある程度決まったイベントを進めないと駄目だが、
他は会話イベントやフリーバトルによる流れがほとんどだ。
まあレベル上げをするか会話をして縁を上げかどちらかだろう。
そして悪魔合体やデビルオークションで遊ぶやり込み仕様である。

分岐イベントもあり、見逃すと仲間が死んだりするという実にシビアな内容だが
仲間は多いので全部仲間にしておく必要もないかな。
それより縁を上げる方が大変だし考え物である。

ボスはどれも強く、毎日襲ってくるセプテントリオンはなかなか手強いものがある。
ゴリ押しでは勝てず、少し戦略的にバトルを進めないと厳しい。
他には途中からやって来る援軍のボスなどもいるが、
一週目で倒すのは難しいので、こちらは2周目で倒すボスという設定か。

まあデビルサマナーやメガテンシリーズが好きな方なら楽しめそうなゲームかな。
ただ会話の選択しが多いような気はするけどさ・・・
デビルサバイバー2 攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
L.A.NOIREがPS3とXボックス360で7月7日に発売された。
世間では七夕という日だが、L.A.ノワールを買ってくださいと短冊に書いた
子供は世界に一人ぐらいはいるだろうか?w

んで、L.A.NOIREをプレイしてみた感想としては、
基本的に日本語版は字幕なので、洋風映画のDVDや映画を見る方で
サスペンス物を見るのが好きな方ならオススメできるゲームだと思った。
PS3で発売されたL.A.ノワールの攻略サイト

舞台はロスで1940年代なので、少し古臭い印象を感じますが、
またそこが味があっていいと思うかどうかだと感じる。

車なんかも昔の車でアンロックという色々な種類の車にどんだけ乗ったかを
カウントするシステムがあるが、それで90以上はあったかと拝見したので
そのぐらいの数の車種が存在するのである。
まあ車好きにはL.A.NOIREは神ゲーかもね~


肝心のゲームの方は、まず仏になった遺体や周辺の物的証拠を捜査して
目撃人に尋問し、少しづつ事件の糸口を探っていく流れです。
ドラマの古畑や刑事コロンボのように、最初だけ殺害の一部を見せて
その後解いて行くような感じで、どちらかというとコロンボに近いかもね。

毎度その章の話に加わる容疑者は3~4程度だが、
これが最後の最後まで誰が犯人なのか分からない部分が面白いところか。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
今日はPS3の龍が如くOF THE ENDをプレイしてみた。
第1部は龍が如く4でも登場してた、金融会社の社長である秋山駿の章だ。
秋山と言えば華麗な足技でスタイリッシュな格闘スタイルだが、
今回の龍が如くOF THE ENDは銃による攻撃が主である。

よって今回の秋山駿の武器は2丁拳銃である。
一応蹴りもありますが、ほとんどないに等しい。
んで、今回の敵はチンピラやヤクザではなくゾンビです!
無双シリーズのようにばかすか撃ちまくって、
壊れかけた神室町をを駆け抜け、進んで行くアクションゲームである。

ヒートスナイプで前にもあったド派手なアクションも用意されており、
相棒と一緒に使える協力ヒートスナイプでゾンビを一網打尽だ。
ムービーが比較的多く入っているのでストーリーは分かりやすく
キャラクターに対しての愛着もわきやすいですね。
やっぱ実のあるゲームは違うものだな。
龍が如くOF THE END(オブ・ジ・エンド)攻略



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
今回はwiiソフトのパンドラの塔 君のもとへ帰るまでをプレイしてみた。
任天堂とガンバリオンによるメーカーのゲームです。
ジャンルはアクションアドベンチャーで塔を攻略していく内容のゲーム。

今年の初め頃に発売した似たようなジャンルと同メーカーの
ラストストーリーと比較されて評価されたりもするが、
どちらもアクションゲームだが、ちょっとゲーム違いかな。
さらにゼノブレドとも比較する方もいるが、それはまったくジャンル違うっしょw

それでパンドラの塔 君のもとへ帰るまでは、根本的にダンジョンを攻略していく
タイプのゲームで、バイオハザードに近いシステムだなという印象を感じた。


ストーリーはほとんどないに等しいもので、塔内で入手した本の内容から
この塔はこんな感じで扱われていたんだな~と読んで理解していく内容。
アクションにおいては、鎖をうまく使用して謎を解いて行く流れです。
最後にはボスがいますが、それぞれ弱点が異なるので
初めにどこに弱点があるのか吟味して倒す必要がある。

ヒロインのセレスは獣の呪いにかかっているので、時間経過とともに
どんどん獣の姿になっていきます。
大変きもちわるい姿だが、敵を倒して獣の肉を与えれば、元の姿に戻る。
完全に戻すには各塔にいるボスがドロップする肉を13個食べさせれば
戻るのだと商人のグライアイが言う。


ギャルゲーの要素もあり、セレスにプレゼントを上げて親密度を上げる要素があり
それによって最後のエンディング内容ががらりと変化します。
1周目をクリアするのは大体30時間ぐらいあれば攻略できるだろう。
複数エンディングを見て40~55時間あれば足りるかな。
サクっとゲームを遊んで辞めたいライトユーザー層にはオススメなゲームかもね。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
ニンテンドー3DSで201/5/12に発売されスティールダイバーのレビュー。
内容は3種類の潜水艦を操りクリアするだけというシンプルな内容です。

3つのモードが用意されており、横スクロールで進むモードと
望遠鏡で覗くような感じで魚雷を発射するモードと、
チェスを置くかのように昔あったファミコンウォーズみたいな感じのやつの
モードがあります。最後のやつだけ対戦が可能。
詳しくはこちらで⇒スティールダイバーと3つのモード


んで、とりあえずwi-fi対戦もないので、対戦ができない環境にある方は
微妙に感じるかもしれんな…
パイロットウィングなんかもずいぶんボリューム不足で不評な部分もあったが
スティールダイバーもどちらかと言えば少ない方のゲームだな。

スピードが遅く、動きのレスポンスも良いとは言えないので…
根本的にゲームを遊ぶ時間が無い方や、
たまにプレイして満足するゲーマーなら満足する内容のゲームだと思うッス。
でも、まあ裸眼3DS対応なので、岩による奥行きや海底を眺める
水族館や水槽を見る感じの面白みならある。



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
DS違うけどwiiのラストストーリーの話し。
販売は任天堂で、開発はFFの生みの親である坂口さんとこの会社です。

物語の主人公はエルザという傭兵団の話しで、ラストストーリーの世界では
傭兵というのはお金で雇われるので残虐的な行為に及ぶこともあり
嫌われている存在にある。
生活が不安定なので、いつか騎士になって安定した生活を得ようとする話し。
ストーリーは、ルリ島にあるルリ城の領主・アルガナン伯爵に雇われ
そこからエルザが騎士になっていく進行である。


戦闘はRPGというよりはアクションゲームで、左スティックを倒すだけで
移動と攻撃を兼ね備えているシステム。
魔法はサークルと呼ばれる円の中に攻撃判定がある。
それをエルザが拡散してやることにより、さらに周囲に判定があり
新たな特殊効果が発動するという新感覚な仕様である。


ルリ城下町では広いマップと、人が行きかう生活感があふれた街並みで
とにかく小さな仕掛けやサブイベントがちりばめられており
通るたびに新しい発見をすることが結構あることでしょう。
闘技場でレベルやお金を入手したり、お店で物を売ってみたり、
サブクエストを受けたり、ストーリー優先で進めてみたりと
結構自由度は高い方なのかな。

ボリューム自体はそれらを含めて、オンラインで遊べる討伐と乱闘の
部分を含めると丁度良いボリュームかと思います。
ストーリーだけ攻略したら終わりな方ですと、ちと物足りなさを感じるだろうか。
私は3週プレイしましたが、ひさびさにWiiでは楽しめたソフトであった。
攻略サイト:http://dswiipspwikips3.jp/laststory/



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
どうもおひさです。
最近DSで二ノ国 漆黒の魔導士が発売されたのでプレイしてみたが、
いや~、マジックマスターという本をいかした謎解きが
面白いが、反面面倒に感じるものがありますかねー

本の価格を抑えるべく60万本出荷したと言われているが
実際のところどうだろ。二ノ国ではなく荷ノ国とかって
某掲示板では呼ばれているが、ユーザーからしてみれば
安くゲームが買えるのでありがたいところか。

まあ外でゲームをプレイする人にしてみれば
面倒だが、家でしかゲームやらない派からすれば斬新なゲームか。
アニメーションムービーが綺麗でジブリ作品が
よく活かされていた作品でした。

PS3版の二ノ国を眺めていたら購入したくなったが
まだ発売していないんだよね…来年には出る予定なのか!?
二ノ国 -漆黒の魔導士- 攻略サイト




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
管理人のドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー・ゲロレビューな日記
~ゲロッパによるゲームレビュー、ゲロレビュー~
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー
ドラゴンクエストモンスターズ
ジョーカー


メーカージャンル発売日プレイ人数公式サイトその他
スクウェア・エニックスRPG2006/12/281~2人ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー:公式サイトプラチナ殿堂入りソフトワイヤレス通信対応Wi-Fi通信対応


ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー・レビュー
今回はドラクエ ジョーカーについてのレビューッス。
相変わらず根強い人気のドラゴンクエストが、DSに登場。
150万本以上の売り上げで、期待できそうなゲームだな
ということで購入。まぁドラクエにハズレがなさそうなので
安心してプレイできる作品でもありますな!
良い点としては…

○Good
・モンスター配合が楽しい
・ストーリーがさくさく進むのがイイー
・操作がシンプル
・思ったほどLv.10まで上げるのは簡単だった
・フィールドでモンスターが動いてたのが新鮮
・Wi-Fi通信対応ソフトなところ

モンスター配合が楽しいのが特徴
といった所かな~
配合するにはオス・メスとLv.10以上まで上げるといった条件が
必要だがそれほど苦にならない仕様だったのが良かったかな。
また、自分でスキルを継承したいのを選べるのもイイーですね。
装備も武器だけ購入するだけでOKなので、面倒な防具や
アクセサリーがなくなったのも逆にいいかもデス。

逆に悪い点はというと…



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
管理人の英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け・ゲロレビューな日記
~ゲロッパによるゲームレビュー、ゲロレビュー~
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
英語が苦手な大人のDSトレーニング
えいご漬け


メーカージャンル発売日プレイ人数公式サイトその他
任天堂英語トレーニング2006/1/261~8人英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け:公式サイトワイヤレス通信対応


英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け・レビュー
今回はえいご漬けについてのレビューDESU。
DSで英語をトレーニングできるので、教育ソフトとしての利用制も
可能なため、ニンテンドーDSがヒットした理由の一部です。
まさにその、さきがけとして出されたソフトが
このソフトかと思われまふ。

ゲームで楽しみながら英語が勉強できるのは、確かに画期的なソフト
でもありますね。内容は、単語にしてもフルボイスで発音し
タッチペンで英語をヒアリングして書いていく仕様です。
良い点としては…

○Good
・フルボイスなので、発音も練習できる
・繰り返し単語や文を学習できる
・ミニゲームやイベントで飽きさせない仕様
・操作がシンプル

楽しみながら学習できるのが一番イイーね
といった所かな~
繰り返し単語を覚えるときなど、やはり実際の発音を耳で聞いて
手描きで覚えるのが一番良いように思えます。
またミニゲームなどで、楽しみながら単語を繰り返し覚えられる
のも、やらされている感じがしなくてGoodなところです。

逆に悪い点はというと…



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
管理人の逆転裁判 蘇る逆転 Best Price!・ゲロレビューな日記
~ゲロッパによるゲームレビュー、ゲロレビュー~
逆転裁判 蘇る逆転 Best Price!
逆転裁判 蘇る逆転
Best Price!


メーカージャンル発売日プレイ人数公式サイトその他
カプコン法廷バトル2005/9/151人逆転裁判 蘇る逆転:公式サイトシルバー殿堂入りソフト


逆転裁判 蘇る逆転 Best Price!・レビュー
今回は逆転裁判1についてのレビューダス。
ゲームボーイ・アドバンスで登場した、逆転裁判をベストプライスと
してDSに再登場させたソフトです。

内容は主人公は駆け出しの新米弁護士で、全5話のストーリー構成。
先に証拠となるアリバイや証拠品を集めます、集めたら法廷で
証人の話を聞いて矛盾する点を、証拠品をつきつけて矛盾点を
指摘し、事件の解明を明らかにしていくゲームです。
良い点としては…

○Good
・難易度はそれほど難しくなく、さくさく進めれる
・いつでも中断してセーブができる
・キャラクターが個性的
・以外に話を進めないと犯人と犯行アリバイが分からない

法廷で矛盾点をさぐり、証拠品を突きつけるのが楽しい
といった所かな~
キャラクターの個性が強いなぁ~と初めに思いました。序盤の2話まで
は、犯人が特定しやすいのでそれほど難しくなく進めれるでしょう。
また、証拠品取り逃しといったこともないのでシンプルに遊べる
システムです。意義有り!の声も、自分の声を録音するのも可能でふ。

逆に悪い点はというと…



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
管理人の株式売買トレーナー カブトレ!・ゲロレビューな日記
~ゲロッパによるゲームレビュー、ゲロレビュー~
株式売買トレーナー カブトレ! 特典 ネット株初心者完全ガイドブック(「4,179円のキャッシュバック付き口座開設申込書封入)付き
株式売買トレーナー
カブトレ!


メーカージャンル発売日プレイ人数公式サイトその他
コナミ株式売買シミュレーション2006/12/141人株式売買トレーナー カブトレ!:公式サイト-


株式売買トレーナー カブトレ!・レビュー
今回はカブトレ!について、レビューしたいと思いまする。
株の取引をリアルに取引できる、という実際の証券株取引の
過去5年間のデータをもちいて株のノウハウを学んでいきます。

他にも人生ゲームぽく、スゴロクでプレイしながらストーリーが
進んだりとミニゲームもありやす。メタルギア・ソリッドを作った
コジマ・プロダクションということで期待して購入してみました。
良い点としては…

○Good
・株の知識がまったくなくても、やさしく解説してくれる
・四季報を適当に、眺めているだけでも面白い
・無理してストーリーモードをプレイしなくても、株だけもプレイ可
・グラフや検索機能で株を目的の株を見つけやすい。また見やすい

株初心者向けのソフト
といった所かな~
まぁ株初心者で株をはじめたいと思ってる方なら、良い勉強になる
かと思われます。何でも入り口が困難だと無理だと
思って諦めたくなりますからね。

逆に悪い点はというと…



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
管理人のがんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻・ゲロレビューな日記
~ゲロッパによるゲームレビュー、ゲロレビュー~
がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻(コナミザベスト)
がんばれゴエモン
東海道中 大江戸天狗り返しの巻


メーカージャンル発売日プレイ人数公式サイトその他
コナミアクションアドベンチャー2005/6/231~16人がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻:公式サイトワイヤレス通信対応


がんばれゴエモン・レビュー
今回はゴエモンについて、レビューしたいと思いマッスル!
ゴエモンの歴史は古く、ファミコン時代からプレイなさった方々も
おらっしゃるのではないでしょうか?私もそうです。

とりあえず懐かしさと、ベスト版で安く売っていたということも
あって購入してプレイした感想でも書いてみやす。
ゴエゴエな感想か言うと…

○Good
・背景が水墨画で江戸時代を感じさせる雰囲気作りがイイー
・笑点の桂歌丸が、ストーリーの始め始めに司会をしている
・タッチペンで隠されている物の発見やボスの弱点をつける点
・プチなミニゲームが要所要所ごとに配置されている
・無理してゴエモンでなくても、他のキャラでも操作できる

アクション難易度は、ほど良い作り
といった辺りかな~
最初DSを起動して桂歌丸師匠が、コナミと言ってゲームが始まった
ときは、何かめっちゃ嬉しかった気がいたしマス。
あと、以外に気づかずにプレイしてしまう方が多いのは
普通の背景をタッチペンで、タッチしてノストラクンの発見や
ボスの弱点を突けるという点かな~

ボスの弱点について
ボスは各それぞれに弱点が設けられていて、ボスが弱体して
スムーズに倒すことが可能になります。(特に弱点がないボスもいる)
例えば、最初のボス・とうろうき(ロウソクのやつ)などは
頭の火をタッチペンで4,5回ほど連続でタッチするとボスが
動かなくなるので、その隙にボコボコにすればノーダメージで倒せる。

逆に悪い点はというと…



ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

管理人の花火な日記
花火1花火2
花火3花火4


管理人、花火と戯れる
やあ~みなさん今年も暑い夏になりそうですね@@;
もうお盆休みに入られた方が、多いんではないでしょうか?
夏といえばお祭りなんだろな~と思い、それらしきイベントに参加
された方も少なくはないはず。

管理人、写真はイマイチだと悟る
私も花火を見るのは好きな方なので、さっそく眺めてきますた。
やっぱアレですね!実際に見に行くと綺麗だな~と思うけど
写真だとあんましパッとしないですな~何かこう~花が咲くイメージが

管理人、花火なゲームを探してみた
そこで花火をゲームで再現したやつとかないかな~と思い
ちょいと調べてみやした!




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


ん!?どうやら報酬は「賞品」らすぃー
おや?またまた『アルキメDS』制作委員会からメールが
届いていたから乗せとくじょー

ゲロッパ様、


ご連絡ありがとうございます、
『アルキメDS』制作委員会です。


早速の宣伝活動、まことにありがとうございます!

『アルキメDS』の宣伝は、ユーザー参加型を超えた、
ユーザー主導型を自認しております(悪く言えば
投げっ放しですが…)ので、今後も何かありましたら
どうぞお願いいたします。


ただ、一つだけ訂正させていただきたい点が。

前回のメールで、「報酬が!?」といったお話をさせて
いただきましたが、大変申し訳ないのですが「現金支給」は
残念ながら私どもの財力では難しい状態です。

パッケージに「ひとりでは遊べません」シールを貼る作業
すら、開発スタッフが自ら行うほどの状況でして…
(参照URL: http://www.archime-ds.com/blog/?p=173 )

なので、「賞金」ではなく「賞品」という形で捉えて
いただければ幸いです。それも、恐らく大したことない
ものの可能性が大です…

誤解させてしまった上に、がっかりさせてしまって本当に
申し訳ありません。


しかし、どうにか『アルキメDS』を普及させて、ご支援を
いただいている皆さまに恩返しができるよう、頑張ってまい
りますので、どうぞ長い目で見守っていただければと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!


『アルキメDS』制作委員会

だそうですwつまり何らかの賞品がもらえることになるのか。
あれかな~全記述のスッテカーとかなんだろか…

>それも、恐らく大したことないものの可能性が大です…
この辺で不覚にも爆笑してしまったw

文明の利器による作業ではなく、なんと手作業でシールを張り
まくってるそうで、大変そうですな~
ブログの写真から、その大変さが伺い知ることができまふ。
誰かボランティアでシール張り作業に名乗りを上げる方いないだろうか
ソワソワ
≫続・アルキメDS

≫管理人、不思議な一日を過ごす

≫アルキメDSの記事




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


管理人、真相を知る
ええと~昨日記事を書いてアップしてから、次の日に
『アルキメDS』制作委員会からメールが届いてました~


~中略~

以前に、発売済みのDSソフト一覧を調べていた
ことがありまして、その時に「ニンテンドーDS ソフト
 ライブラリ」でGoogle検索をしたら、殆どそのままの
名前でゲロッパ様のサイトが表示されたので、良く
覚えております。

それ以来、ちょくちょく利用させていただいておりました。

まさか、このような形でご縁ができるとは思っても
いませんでしたが(笑

ふむふむ。そう言えば…以前トラックワードで”ニンテンドーDS”と
”ライブラリ”のキーでトップから来られた方がいたな~

最初はお気に入り登録しないで、タイトルだけ覚えていた閲覧者が
再度眺めにきたのだろうか…?とか、それだとアクセス解析を眺めると
ありえない気がするなぁとか、不思議に思った日があったのを
よく覚えていますよ^^なるほど~そういうことか!




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


心頭滅却をすれば火もまた涼しい!
やあ、暑い夏をみんなどうお過ごしですか^^
管理人は暑さに負けて、エアコンのスイッチを入れてしまいました><;
押しら負けだよね~とか思いながら、暑さに勝てずに押したのだ。
「体力の限界です!」ならず
「暑さの限界です!」
と言い1年ぶりに、カビ臭いエアコンで一日が始まったのだ…

とりあえずサイト更新でもすっか
さてと今日は何をアップしてみようかと考えた所
アルキメDSにしようと、サクッと記事を書いてアップ!

このソフト店に置いてあるのを、見かけたことないから
なお更どういうソフトなのか公式サイトをボヤーッと眺めていると
なんとたった5人で製作されたソフトである事実を知る!

ふむ~応援団かぁ~
こりゃたまげたとばかり眺めていると、応援団とか相互リンクをして
商品の宣伝をしてたようなので、たった5人で作ろうとした熱意と
型破りなやり方に感動!
これは応援した方がよさそうだぞっ!と、管理人の良心が
言ってたので、とりあえず申し込んでみやした~




ニンテンドーDSゲームソフトジャンル:管理人の攻略日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。